【メルカリ裏技】引っ越しの送料を超安くする方法

お役立ち知識
この記事を書いた人
コーラ

現役時代センター9割の某有名国立大学卒、バチバチ理系です。
ゲームやガジェットの記事、勉強系の記事もアップしております。
現役プログラマーです。

コーラをフォローする

今回は、メルカリを使って引っ越しの配送料を激安で済ませる方法をお教えします。
おそらく、調べても他では紹介していません。
超優良級の内容となっているので、ぜひご覧ください。

※注意※
この記事は、メルカリの規約違反(複垢)の推奨をしているものではありません。
家族などの協力者一人に手伝ってもらい、1人2役をしないことをお勧めいたします。

必要なものは以下の通りです

  • 配送元と配送先のメルカリアカウント
  • 少額のお金
  • 図々しい気持ち

2つのメルカリアカウントを準備する

配送元、配送先のメルカリアカウントが必要です。
具体的な作成方法は以下の通りです。

配送元アカウント

このアカウントには、引っ越し先に送る側の住所を記載します。
東京から鹿児島に引っ越すなら、このアカウントは東京の住所となります。
らくらくメルカリ便で配送するため、住所は特に気にすることもないでしょう。

配送先アカウント

このアカウントには、引っ越し先で受け取る側の住所を記載します。
先ほどの例でいうと鹿児島県の住所ということです。
ここを間違えてしまうと、違う住所に届いてしまうか、そもそも届かない可能性があるので注意してください。

ここまで大丈夫でしょうか?
普通に考えたら、2つのアカウントを用意して売買するだけなら、むしろ損をすると思うかもしれません。
しかし、メルカリの穴を使えば大丈夫です。最後まで見て下さいね。

出品・購入する

アカウントを作成したら、ついに出品作業に入ります。
配送元のアカウントで出品しましょう。

具体的な手順
  • 配送したいものをダンボールに詰め込む
  • ダンボールの個数分、300円で出品する
  • 配送先アカウントで全て購入する
  • 配送元アカウントで発送する

荷物を300円で出品する

引っ越しに持って行きたい荷物を300円で出品します。
あくまでコンビニエンスストアにご迷惑が掛からない範囲で行いましょう。

大きい荷物や小物などを、緩衝材やテープを駆使してダンボールに詰め込みましょう。
詰め込む量が多いほどダンボールの数が必要になります。
ダンボールの数×300円が必要になるので注意してください。

コンビニで発送するので、少しだけ図々しい心が必要です。

出品した商品を自分で購入する

配送先アカウントに残高のチャージが必要です。
クレジットカードでもATMチャージでも何でも良いです。
発送するダンボール数×300円を用意しましょう。

発送する

出品した商品を、セブンイレブンで発送します。

セブンイレブンのヤマト集荷時間を確認する

セブンイレブンでは2~3回ほど(地域によって差が有り)ヤマトの集荷が来ます。
その時間帯を店員さんに聞き、そのヤマトの集荷のにコンビニに行ってメルカリの発送処理をします。
発送処理のやり方は調べたらすぐに出てきます。

引っ越し先に移動する

ヤマトの集荷のに発送手続きをしたのち、自身が引っ越し先に移動しましょう。
荷物を受け取る準備をしなければ意味がありません。

肝心の金額は?

本来、メルカリのヤマト発送には以下の値段が掛かります。

>>配送方法早わかり表

PDF2枚目の表を見ると分かる通り、らくらくメルカリ便(宅急便)では最低でも700円かかってしまいます。
しかし、メルカリの仕様上、配送料が売上金を上回った場合に配送料を免除してくれるという制度があります。
つまり、最大の160サイズ25kg未満のダンボールにパンパンに詰めて配送してもらったとしても↓

300(売上金)-1,600(配送料)→0(1,300円免除)

となるわけです。

四方160cm,25kgまで大丈夫なので、デスクトップPCやカラーボックス、ゲーム機など色々入るでしょう。
細かいものを詰め込んで配送することもできるので、ぜひ活用しましょう!

この記事があなたのお役に立てたら、紹介コードHTFUBMの入力もお願いします~
入力した方はメルカリから1,500円、私は500円頂けます(*‘ω‘ *)

タイトルとURLをコピーしました