【YouTube】ショート動画は稼げるのか?収益を得る手順!

お役立ち知識
この記事を書いた人
コーラ

現役時代センター9割の某有名国立大学卒、バチバチ理系です。
ゲームやガジェットの記事、勉強系の記事もアップしております。
現役プログラマーです。

コーラをフォローする

ここ数年、YouTubeやTikTok、Reelsなどの「ショート動画」が主流になってきています。
なぜショート動画が流行っているのか?なぜショート動画を投稿する人が多いのか?など
皆さんの疑問にお答えしていきます!

  • なぜショート動画には中毒性があるのか
  • 収益化は可能なのか
  • Shortsを利用する方法

なぜショート動画には中毒性があるのか

YouTube公式画像を引用

皆さんは、つまらないショート動画が流れてきたらどうしますか?
もちろん上にスワイプして、次のショート動画を見ますよね。

面白いShortsを見て、スワイプでスキップして、面白いShortsを見て…
いつ見るのをやめれば良いか全然わかりませんよね!!!

出会い系をやっている方や広告を見たことがある方は分かると思いますが、興味のない人は左にスワイプ、気になる人は右にスワイプします。
つまり、この「二者択一の視聴者選択式」が主流になってきているんです。

さらに、YouTubeやTikTokはパーソナライズされた動画しか流れてきません。
ゲームの動画を多く見ている人は、美容チャンネルの動画は勝手には出てきませんよね。

好きな動画しか出てこないのに、そこからさらに厳選して短い動画を見続けるから、やめられない止まらないんです。

収益化は可能なのか

さて、これからShortsで稼ごうとしている方が一番気になるであろう収益について解説していきます。

YouTube Shortsは収益化できない

厳密に言うと「長尺動画と同じようには収益が入らない」ということです。
長尺動画(Shorts以外、1分以上の動画)は、皆さんご存じの通り再生回数と登録者数に応じて収益が変化しますよね。
さらに、収益化のためには以下の条件のみが必要で、そこまでハードルが高くありません。
「YouTubeパートナープログラム」に加入することが収益を受け取る条件となっています。

YouTubeパートナープログラムへの加入条件
  • 登録者数1,000人以上
  • 総再生時間4,000時間以上

多少の報酬は貰える

Shorts動画には広告が付かないため、これまでと同じように収益を受け取ることはできません。

しかし、ShortsにはYouTubeショートファンドというものがあり、そこからクリエイターたちに報酬が分配される形になります。
このYouTubeショートファンドは基金形式のものであり、なんと1億ドルもの資金が存在します。
Shorts動画クリエイターには、この1億ドルから少しずつ分配されて報酬が払われています。

気になる報酬ですが、大体普通の動画の数百分の一しか支払われないそうです。
トップShortsクリエイターでも、渋谷の一か月の家賃ぐらいしか貰えていません…

お金目当てでShorts動画は始めないほうが良いということですね。

Shortsを利用する方法

では、なぜShorts動画が投稿されているのか、効率の良い使い方を見ていきましょう

Shortsは長尺動画の切り抜きでしかない

YouTubeを昔から見ている方なら、このチャンネルを見たことはありますよね。

生きてるナマコをレモン汁に1日漬けたらwwww #shorts
チャンネル登録・評価お願いします!!お仕事関係の連絡先tomikkunet2nd@gmail.com【こちらもチェック!!】インスタ チャンネル:https:...

あのトミックさんです。
よく見てみると、長尺動画の一部分を切り取っただけの動画をShortsに投稿していますよね。
そこまでの労力は必要としないから投稿しているわけです。

長尺動画への流入を狙う

トミックさんのように、切り抜いただけのShortsを見た後、数割の人はコメント欄のURLから本編に移動します。
つまり、Shortsは本編へのCMとしか使用していないわけです。

少し前、テレビのCMを見ていましたよね。
数秒から数十秒のCMを待つことは全然苦痛ではありません。
この状況は、今のYouTube Shortsと似通っていると思いませんか?

短い動画はCM(広告)として使い、そこから本編(目的)への流入を期待する
つまり、無料で始められるShortsは、YouTuberからするとやる以外の選択肢はないわけです。

企業案件(プロモーション)を狙う

Shortsは本編への流入を得られるだけではなく、登録者も伸びやすい傾向にあります。
つまり、見られれば見られるほど登録者も伸び
登録者が伸びるほど多くの人に見られるというループが発生するわけです。

この仕組みを利用して登録者を増やし、企業から公式の案件を貰うこともできます。

案件を貰うと以下のメリットがあります。

  • 商品を無償で提供してもらえる
  • 紹介料として報酬(お金)がもらえる
  • PRの実績から信頼を得ることができる

特に最後の「信頼」は、他社のPRをしたという実績があれば、他の企業からも案件を得ることができるので連鎖を狙うことができます。

これでShortsに関しての解説は以上になります。
Shortsが流行している今、ぜひ波に乗って荒稼ぎしましょう!

タイトルとURLをコピーしました